押出加工樹脂

化粧板用ポリウレタン、ウレタン、および熱硬化性フェノキシ樹

Bostikの押出加工樹脂は、機内パネル表面に質感をもたらします。このBostik独自の技術は、表面エネルギーが小さい材料を層状に接合することで、傷や汚れなどの表面の損傷を抑えます。

Bostikの押出加工樹脂は熱硬化性または熱可塑性で、耐久性を向上させるためにガラス繊維による補強が可能です。

年々進化する航空宇宙技術。だからこそ、お客様と提携してそれぞれのニーズ合った接着剤の開発を続けていくことが重要です。既存製品に関するご質問や、お客様のニーズに合わせた技術開発のご要望がございましたら、Bostik技術担当チームまで直接ご連絡ください。

航空機内装用の独自の押出加工樹脂

航空機の内装では特に、コスト、品質、デザイン性が優先事項となります。Bostikの押出加工樹脂はこうした課題に応えるために特別に開発されています。

抜群の扱いやすさと配置のしやすさを提供するBostikの熱活性化接着剤は、お客様の用途やニーズに応じてカスタマイズが可能です。他を凌ぐ内装の実現に欠かせない柔軟なソリューションをご活用ください。

押出加工樹脂接着剤のオプション

フィルム状接着剤

フィルム状接着剤は、溶液流延法を用いた接着剤で、熱により活性化して柔軟性のある薄層を形成します。

Bostikは、航空宇宙産業向け溶液流延製フィルムの製造において30年以上の経験と実績を誇ります。Bostik製品は、使用量から性能特性まで、あらゆる用途における均一性の管理に役立ちます。

熱可塑性または熱硬化性フィルムから、カスタムメイドの難燃性製品や活性化温度の設定まで、柔軟なものづくりの体制を通して、お客様の設計要件を満たすソリューションをお届けします。

弾性接着剤

弾性接着剤は、個々の部品を接合し、全体の連結を損なうことなく拡張・縮小を可能にする柔軟性の高いジョイントまたはシールとして使用することができます。

耐久性に優れ、従来のソリューションでは対応できない温度・湿度条件での使用に最適です。

難燃性接着剤

難燃性接着剤は延焼を防ぎ、煙や有害ガスを発生しにくくするため、機内の乗客・乗務員が危険な状況を逃れるための時間稼ぎに役立ちます。

軽量化技術

現代の航空機工法に、Bostikの軽量化技術は欠かせません。機体の軽量化は燃料節約につながり、環境への負担も軽減されます。

Bostikの接着剤は、優れた接着力を維持しつつ重さを減らすために特別に開発された軽量化製品です。

その他の航空宇宙産業向け接着剤

  • アタッチメント用接着剤
  • コンタクト型接着剤

  • 繊維用難燃性接着剤

  • ヒートシール接着剤
  • スキンからコアまでの複合材


 

続きを読む

工業用接着剤について詳しく見る

back to top