自動車トリム用接着剤

 

Bostikの自動車トリム用接着技術により、自動車の内装製作が加速します

 

Bostikの自動車トリム用接着技術により、ドアパネル、ダッシュボード、ピラーなどの内装部品の取り付けが、素早く簡単に行えます。

 

技術によるメリット

 

数十年に渡る研究の成果であるBostikの自動車トリム用接着剤は、自動車業界における、最も素早く優れた接着技術の1つとなっています。

 

柔軟性をお求めの場合、Bostikのホットメルト接着剤は、複雑な基材やあらゆる成形に対応した製品をラインナップしています。

 

Bostikのホットメルト接着剤と反応性溶剤系接着剤は、どちらもスプレーまたはロールコーターによる塗布が可能で、むだを省き、乾燥時間を短縮します。

 

また、すべてのお客様に、広範な技術サポートが提供されます。OEMテストでの合格や、製造工程での部品あたりのコストの最小化といった目標に対し、Bostikが最も経済的なソリューションを見つける支援をいたします。

 

テクノロジー:

 

反応性溶剤系接着剤

 

Bostikの反応性溶剤系接着剤は万能接着剤としてご使用いただけます。汎用性の高いこれらの接着剤は、自動車の製造工程における幅広い適用分野に対応する製品として最適です。

 

Bostikのお客様の多くは、クリーンな適用や、強い粘着力、可塑化PVCへの優れた接着性といった特徴から反応性溶剤系接着剤を選択しています。

 

溶剤に溶解したポリマーは架橋結合を起こし、それによって一般的な溶剤系接着剤よりも高い耐クリープ性を提供します。

 

ゴム系接着剤

 

Bostikのゴム系接着剤は、自動車のドアパネルの内装用に最適で、接着が困難な部分も含め、一般的な自動車用基材の結合に使用することができます。

 

Bostikのゴム系接着剤は、中レベルの粘着性を有し、視認性と精度を高めるために色素を含んでいます。これらの接着剤は圧着にも適しており、真空成形に使用できる製品も含まれています。

 

ガスケットおよびシーラントのほとんどはゴム系化合物から作られています。Bostikのゴム系接着剤は、防水、防音、振動や過酷な条件に対する一般的な耐性という点において、ガスケットを最高の状態に保持します。

 

水系接着剤

 

お客様の目的が揮発性有機化合物(VOC)の放散を減らすことにあるとしたら、Bostikの水系接着剤は、溶剤系接着剤に代わる優れた製品となっています。これらの製品は、お客様の製造工程におけるVOCの放散を著しく低減します。

 

低粘着性化合物は、OEMテストでも一貫して良い結果を出しており、水系接着剤は、お客様の自動車から揮発性化学物質が放散されないよう確保する優れた手段となっています。

 

この技術は透過性の基材に対し最適に機能するため、発泡体やレザーといった異なるファブリックでできているドアパネルの場合、理想的な選択となりえます。

 

また、水系接着剤によるラミネート加工を通して、環境にやさしく、コスト効果の高いラミネート加工が可能です(またはラミネート加工にBostikのホットメルト接着剤を使用することもできます)

 

熱による活性化が不要または望ましくない場合にも、水系接着剤が使用できます。これにより、ホットメルト接着剤で求められる処理や、自動車トリム用テープの使用なしに、優れた接着強度を得ることができます。   

 

フロントガラス用接着剤

続きを読む

Web Adhesives Brochure

Download here

工業用接着剤について詳しく見る

back to top