フロントガラス用接着剤

 

 

アフターマーケットとOEM向けフロントガラス用接着剤

 

Bostik社では、接着剤のテクノロジーを、最もコスト効率の高い方法で優れた自動車を製造するためのソリューションに変えることを、常に目標としてきました。

 

3大陸にまたがるBostikの自動車専門家チームは、OEMとアフターマーケット向けに、シリル化ポリマー変性シリコンポリマーSMP)技術を用いて環境や工程の点でメリットをもたらすフロントガラス用接着剤を各種開発しました。

 

自動車市場における持続可能な開発のための技術を有するリーダー企業として、Bostikは、ダイレクトグレージング用接着剤の最前線に立っています。貴の組立ラインでの特定のニーズについて、専門家への相談をご希望される場合は、Bostikが喜んで作業に最適な接着剤を見つけるお手伝いをいたします。

 

接着工程を早速改善するために、Bostik顧客業務担当チームまで直接ご連絡ください。

 

OEMとアフターマーケット向けの、フロントガラス用接着剤によるソリューション

 

組立ラインであれ修理工場であれ、自動車の車体へのフロントガラスの接着においては、強度と柔軟性が求められます。

 

Bostikのフロントガラス用接着剤は、組立ラインでのより高い信頼性と耐久性を保証します。また、BostikSMP接着剤を使うことで、その他の製品を使用する場合に比べて、大幅なコスト削減が可能です。

 

アフターマーケット向けでは、Bostik社の接着剤はここ数年、ハイエンドのスポーツカーのOEMで多く使用されています。Bostikの接着剤は、アフターマーケットでの厳しい要件を満たし、貴社のニーズに合うよう幅広いドライブアウェイタイムの製品を取り揃えています。

 

フロントガラス用接着剤:テクノロジー

 

シリル化ポリマー変性シリコンポリマーSMP

 

適用が簡単で、コスト効率が高く、環境に優しいフロントガラス用接着剤各種。

 

より高い効率と優れた効果を発揮するBostik社のSMP接着剤は、フロントガラスの接着における賢い選択となっています。

 

BostikSMP製品はプライマーなしに使用することができるため、基材準備の時間を短縮し、製造時間及びコストを削減することができます。

 

接着の際にプライマーを必要としないだけでなく、BostikSMPシステムは優れたグリーン強度を誇り、フロントガラス設置後すぐ動かすことが可能です。溶剤もイソシアネートも無配合のため、揮発性有機化合物もほとんど含まれていません。

 

二液型SMP

 

Bostikは、一液型SMPに加えて二液型SMPも提供しています。Bostik社の二液型SMP技術は、適用と硬化の時間をさらに短縮します。

 

Bostikの二液型SMP接着剤は、適用後わずか24時間でせん断強度が75%まで確保される卓越したグリーン強度を誇ります。硬化が加速されることで、クランプ時間が場合によっては4時間から30分へと大幅に短縮されます。

 

適用を容易にするため、BostikSMP用のデュアルタイプのガンを開発しました。この特許取得ツールは、2つのSMP成分を均一に混合し、製造工程を加速させます。

 

工業用接着剤について詳しく見る

back to top