Bostik Worldwide

Bostik around the world

吸収体用接着剤の塗工方法にはいくつかの選択肢があります。一般的に、マルチスロット塗工(くし型スロットコートとしても知られる)とスプレー塗付が使い捨て衛生用品業界では使われています。選択肢を検討する際、以下の点にご注意ください:

  • マルチスロット塗工(くし型スロットコート)

この塗工方法では、スプレー塗工と比較して、より広い範囲に薄い層で塗工することができます。マルチスロットにて塗工された接着剤は、日常生活でかかる負荷に強く、優れた吸収体の固定性を実現します。

 

  • スプレー塗工

スプレー塗工は依然として効果的な方法であるものの。吸収体用接着剤の塗工量は少なくなります。マルチスロット塗工と比較すると、吸収体との接触面が少なくなるため、吸収体の固定性は低下する傾向にあります。

塗工方法に関わらず、吸水力と逆戻りの性能に影響はありません。

コアの接着剤に関する詳細情報

最小で最大を成す: 吸収体における接着剤の役割

もっと詳しく知る
CORE-Doing-More-with-Less-Adhesives-Role-in-Core.png
CORE-Doing-More-with-Less-Adhesives-Role-in-Core.png