Bostik Worldwide

Bostik around the world

吸収体ラップは、主に吸収体内部のパルプと吸水性ポリマー(SAP)を固定する役割を担います。しかしここで注目すべき点は、接着剤で吸収体ラップに封をすること、またそれに接している素材を接着することが吸収体のズレを防ぐために不可欠であるということです。吸収体を適切な位置に保持することで着用者に快適なフィット感を提供し、その吸収体の性能を確かなものにします。

現在、一般的な使い捨て衛材用品に使用されている吸収体ラップには以下の2種類があります:

  • 不織布ラップ:素早い吸水性を提供しますが、吸収体の割れによる漏れのリスクは削減できません。
  • ティッシュラップ:吸水速度は遅くなりますが、逆戻りが少なく肌がドライに保たれるので活動的な着用者には最適です。また、吸収体の割れに対しても耐久性があります。

一部の使い捨て衛材用品メーカーは、より薄型の製品を開発するために、吸収体ラップを取り除くことができるかどうか研究をしています。こうしたことから、吸収体を固定(パルプやSAPの固定)するためには適切な接着剤の選択が重要となります。

コアの接着剤に関する詳細情報

最小で最大を成す: 吸収体における接着剤の役割

もっと詳しく知る
CORE-Doing-More-with-Less-Adhesives-Role-in-Core.png
CORE-Doing-More-with-Less-Adhesives-Role-in-Core.png