Our main brands

ボスティックの世界

Bostik around the world

top

使い捨て衛生用品用接着剤は、さまざまなタスクを実行します。おむつの吸収体、パンツ型おむつの糸ゴム固定、生理用ナプキンの下着への固定などに使用されます。信頼性の高い性能は、あらゆる使用において重要です。 

そのため、さまざまな用途に適した接着剤(または接着剤の組み合わせ)を選択することは、製品の品質を担保し、消費者を満足させる上で重要なステップです。そのためには、接着剤の各特性の性能試験について理解しておくと役立ちます。 

クリープ: 

耐クリープ性テストにより、糸ゴム固定用接着剤が伸縮と収縮の際の抜けを防ぎます。 

剥離 

剥離強度テストは、吸収体の密封、ファスニングテープの固定などとの接着を破壊するのに必要な力と破壊モードを特定します。 

せん断 

静的せん断吊り下げテストは、接着剤の基材剥離に対する耐性を評価します。 

軟化点: 

環球法は、ホットメルト接着剤の軟化領域内の単一温度を決定します。これは、接着剤の「セットポイント」(接着剤が流れなくなる温度)を反映します。 

臭い 

使い捨て衛生用品が使用される前に、化学分析、人による臭気パネル、またはこれら2つの組み合わせを含む、臭いについてのテストを行うことで、ユーザーが製品を快適または不快に感じるかどうかについての洞察を得ることができます。 

吸収体性能テスト 

Bostikが開発した条件付吸収体割れ試験では、たるみ、吸収速度の低下、および漏れをもたらす可能性のあるドライおよびウエットの吸収体の割れに対する耐性を評価します。 

固定性 

この特定の検査は、毎日の生活の中で身体を動かすことによって生じる漏れの可能性を防ぐため、下着への生理用ナプキンの固定に役立ちます。 

使い捨て衛生用品の性能を評価する際には、サプライヤーが接着剤の性能試験結果を貴社に提供できる必要があります。また、さまざまな製品や用途のニーズに適した接着剤を選択する方法についての洞察を提供できる必要もあります。