Our main brands

ボスティックの世界

Bostik around the world

Top

世界中における現代の消費者は、地球市民としての彼らの影響や持続可能な生活の重要性についてますます高い意識を持ち、懸念しています。地球への害を最小限に抑え、倫理的待遇を改善し、経済的幸福を達成したいという彼らの願望は、企業の運営方針に大きな影響を与えています。持続可能性に関する話題や行動は広く普及しつつありますが、これは新しいことではありません。 

 

持続可能性ビジョンの進化 

1987年、国連は「Our Common Future(我ら共有の未来)」を公表しました。2ブルントラント・レポートとも呼ばれるこの報告書では、持続可能性を次のように想定しています。
「将来世代が自身のニーズを実現する能力を損なうことなく、現在のニーズを実現する。」 

それ以来30年以上にわたり、世界中の政府と企業が協力してこのアイデアを発展させてきました。今日、国連(UN)は、持続可能な開発目標17項目を掲げています。国連によれば:
「持続可能な開発目標は、すべての人にとってより良い、より持続可能な未来を実現するための構想である。それらは貧困、不平等、気候変動、環境破壊、平和、正義など、私たちが直面しているグローバルな課題に対応している。」  

ボスティックは、親会社であるアルケマの持続可能性と企業の社会的責任に関する幅広い情報を活用しています。当社は、使い捨て衛生用品用接着剤事業と関連するこれらの目標の一部に対して、戦略的または直接的な貢献をしています。 

  • 健康と幸福 
  • 男女平等 
  • 清潔な水と衛生設備 
  • 責任ある消費と生産 
  • 気候対策 
  • 水中生物の保護 

実際に、持続可能性は当社が行うすべての意思決定とすべてのイノベーションにおける重要な検討事項です。 また、使い捨て衛生用品メーカーとしての当社の選択肢が、貴社の目標や消費者の目標にどのような影響を及ぼすかを慎重に検討しています。 

 

環境・経済・社会の交錯 

衛生会社の取り組みと、環境、経済、社会に対する全体的な影響の相互作用を見ることは、本当に持続可能な改善とそうでないものを判断する上で重要です。 

例:使い捨て衛生用品のカーボンフットプリントを削減する業務上の変更を行い、同時に従業員の労働条件を改善することで、プラスの価値をもたらすことができます。しかし、この変化により、製造コストが高騰し、販売価格が大幅に上昇し、消費者が製品を購入できなくなる状況を想像してみてください。これは経済的にマイナスの影響をもたらし、変化はもはや持続可能であるとは認められません。 

 

企業の社会的責任(CSR)を通じた行動 

CSRは、ボスティックやアルケマのような企業がより持続可能な企業になるために使用する戦略です。アルケマの目標とボスティックの目標は、すべての人にとってプラスの価値を最大化し、マイナスの影響を最小限に抑えることです。これには、国連の持続可能な開発目標17項目を見失うことなく、社内外の多くのステークホルダーと共にチームワークおよびパートナーシップを育むことが含まれます。また、国連グローバル・コンパクト9を支援し、レスポンシブル・ケア10・イニシアチブを遵守します。 

ボスティックとアルケマでは、CSRに関する3つの中核的コミットメントを通じてこれらを実践しています。 

  • 持続可能なソリューション: 私たちは顧客とエンドユーザーのために行動し、革新します 
  • 責任ある製造:私たちは人々の健康と安全、そして環境のために行動します 
  • オープンな対話:私たちは共に行動し、社会の発展に貢献します 

衛生管理の責任:ボスティックから自然に 

使い捨て製品に特化した業界において、当社は使い捨て衛生用品の持続可能性を推進・強化しながら、消費者のニーズを満たすべく取り組んでいます。しかし、世界における製品の製造業者のCSRに関する知識と理解度は様々な段階にあります。明確に考え抜かれた戦略でコミュニケーションをとっている人もいます。サポートを必要としている人もいます。 

そのため、当社はウェビナー、ポッドキャスト、ウェブサイトコンテンツ、製品発表など、新しい「責任ある衛生管理」プログラムを作成しました。当社はそれらを通じて、あらゆるレベルの製造業者がCSRと持続可能性に関する知識を継続的に発展させ、このトピックに対する全体的なアプローチを用いることで意思決定できるようサポートします。 

 

コラボレーションは使い捨て衛生用品における持続可能性の成功の鍵です 

当社の業務と貴社の業務において、さらなる持続可能性を実現するには、共通の言語を共有することと同様に協力が不可欠です。力を合わせれば、より持続可能な世界に向けたプラスの影響をもたらすソリューションを生み出すことができます。