Our main brands

ボスティックの世界

Bostik around the world

Top

emagazine.comによると、企業の資産価値は、企業の財務や製品と同様に、その社会的影響や環境的影響に基づいています。ボスティックでは、これらの分野に優先順位を付け、これを念頭に置きながら、当社のCSR(企業の社会的責任)イニシアチブを通じて、ステークホルダーである皆さんのために共通の価値を生み出すことを目指しています。 

これらのイニシアチブは、当社の親会社であるアルケマの持続可能な開発に対する3つの主なコミットメントに基づいています。社内外のステークホルダーとのオープンな対話を育むことは、そのコミットメントの1つです。これは、建設的なコミュニケーションと、従業員、顧客、サプライヤー、パートナーとの強力な関係を通じて実践されます。私たちは、私たち全員が同じ会話に参加することの重要性を理解しています。 

 

社外ステークホルダーとの強い信頼関係を築く 

私たちは、すべての投資対象者に利益をもたらす、責任あるバリューチェーンの構築に努めるにあたり、社外ステークホルダーとしての皆さんのニーズを第一に考えます。オープンな対話を育むための当社の取り組みは、顧客、サプライヤー、および当社が事業を展開するコミュニティとのコミュニケーションを中心に据えています。 

これをさまざまな方法で実践します。 

  • 生理の貧困など社会的大義に関する協働 
  • 持続可能性のための国際共同(TfS)イニシアチブの遵守  
  • 近隣コミュニティとの信頼関係を築くためのThe Common Ground®イニシアチブ 
  • 「紛争資料」に関する方針の遵守 
  • 責任ある消費と生産、適切な仕事と経済成長、ジェンダーの平等など、国連の持続可能な開発目標への戦略的かつ直接的な貢献 

安全、平等、人権の社内文化の醸成 

また、社内のチームメンバーが保護され、権限が与えられていると感じられるように、大きな進歩を遂げています。これは、次のようなさまざまな方法で実践しています: 

  • 工場で従業員の安全に関する意見を得るためにスマートゾーンを作成する  
  • 社会改善イニシアチブにおいて従業員に発言権を与える 
  • 人権、基本的自由、多様性、公正性、包括性の推進を重視 

私たちは、企業の社会的責任に関する適切な会話を開始し、オープンなコミュニケーションを維持することで、ステークホルダーとつながることを目指しています。これにより、相互の価値観、尊敬、信頼に基づく永続的な関係を構築したいと考えています。 

企業の社会的責任に対する当社の取り組みについての詳細は、こちらをクリックしてください。