Bostik around the world

 Our main brands

使い捨て衛生用品のメーカーは、さまざまな理由から接着剤の塗工量を減らすことを検討することがあります。それには、消費者主導の市場トレンドや、事業上の懸案事項への対応などが含まれ、オペレーションコストの管理や製造の最適化に役立ちます。とはいえ、塗工量の削減が、必ずしもすべての状況で最善の選択肢であるとは限りません。そこで削減を進めるのか、またどのように進めるのかを決定するには、データを収集し精査することが重要です。 

 

ベースラインの決定、現在の性能と接着剤の監査 

ステップ1は、接着剤の現在の性能を評価することです。

  • それらは目標通りですか? 
  • 過剰性能(オーバースペック)となっていませんか? 
  • 不足していませんか? 

製品監査は、実際の塗工量に対する接着剤性能の比較に役立ちます。接着剤が期待以上の性能を発揮している場合、塗工量を削減することも選択肢の1つとなります。しかし、接着剤の性能が劣る場合、塗工量が低いことが、必ずしもその原因ではないことを覚えておいていただきたいと思います。すべては、接着効果を改善するために他の方策や別の接着剤を使用できるかどうか次第です。Bostikの追加サポートサービスを通じて利用できるような製品監査によって、必要な回答が得られ、問うべき適切な質問について洞察を得ることができます。  

 

塗工試験で自分のアイデアをテストする

最善と思える選択肢に絞り込んだら、信頼できる接着剤サプライヤーと一緒に​塗工試験を行うタイミングです。Bostikでは、お客様のライン条件(基材、設定、ノズルタイプ、ライン速度)を再現して、正確な助言を行うことができます。 

 

使い捨て衛生用品用接着剤の選択について知る 

すべての接着剤が同じように作られているわけではありません。コスト、性能、加工性の適切なバランスを見つけることは複雑な作業です。当社の使い捨て衛生用品用接着剤の専門家が、各接着剤の選択肢について、潜在的な利点と複雑性の両方の概要を提示してご説明いたします。 

ラインの生産の最適化、コスト削減、目標通りの性能達成に関して言えば、低塗工量は魅力的なオプションです。今すぐBostikの専門家に ご相談になり、それが貴社に適しているかどうかをご確認ください。 

詳細情報

使い捨て衛生用品における関心の高い物質を理解する

もっと詳しく知る
SOI_Understanding-What-They-Are-and-Their-Impact-on-Disposable-Hygiene.png
SOI_Understanding-What-They-Are-and-Their-Impact-on-Disposable-Hygiene.png

スマート接着剤ソリューションで柔らかさを実現

もっと詳しく知る
Achieving-Softness-With-Smart-Adhesive-Solutions-JA.png
Achieving-Softness-With-Smart-Adhesive-Solutions-JA.png
Top