Our main brands

ボスティックの世界

Bostik around the world

top

消費者は軽い日用から多い日用、自由に行動できる日中用、漏れを防止する夜用まで、自分のニーズを満たすフェミケア製品を見つけると、その信頼するブランドから離れずに使い続ける傾向があります。では、フェミケアの消費者を常に満足させるには、どうしたらよいのでしょうか? 消費者が求めるものを提供してください!より薄く、柔らかく、より吸収力の高い使い捨て衛生用品。それを実現するには、現在の設計や材料に変更を加える必要があるかもしれません。 

新製品や改良品が以前の製品よりも優れた性能や固定性を提供している場合でも、特にフェミケアという非常にパーソナルな分野においては、変化そのものに対して不安を感じる消費者もいます。そのため、製品設計や使用する材料の変更がもたらす価値とメリットを説明することは、消費者の懸念を和らげ、安心感を与えるうえで非常に重要です。 

例えば、ナプキンを装着する為に使用される接着剤は、ユーザーが下着にナプキンを置く際に見えるものです。それは、使用中にナプキンがずれないようにするために重要な役割を果たすものでもあります。ナプキンを取り外した際に、糊残りに気付いたり、接着剤が強すぎてナプキンが破れたりすると、ユーザーは製品の品質に不満を抱くかもしれません。ナプキンの位置決めや位置変更を簡単にするズレ止め用接着剤を選択すると、使用中にユーザーがどんなに活発に動いてもナプキンは所定の位置に保持され、しかも簡単に取り外せます。また外した後も糊を残さず、よりポジティブなユーザー体験を創出し差別化を図ることが可能です。 

 

Bostikは、フェミケア製品について知り尽くしています。 

外側についているズレ止め用接着剤の他にも、適切な組立用接着剤を選択することで、製品内部に使用されている様々な従来型材料や代替材料を含む設計をサポートすることができます。これには以下が含まれます。 

  • パルプ 

  • 高吸収性ポリマー (SAP) 

  • 柔らかい不織布 

  • ポリマーフィルム 

  • 香料 

実際、当社のフェミケア用品接着剤製品群は、貴社が求める組立用接着剤やズレ止め用接着剤に設計されています。これにより、毎回きちんと接着し、昼夜を通し動き回ってもずれたりせず、破れや糊残りがなく簡単に取り外せるナプキンを製造できるようになります。 

 

製品は、消費者の好みとメーカー間の競争によって形成される 

使い捨て衛生用品のユーザーの好みは、世界中で異なります。適切な接着剤があれば、しっかり固定しながら、スリムで目立たない、吸収力の高いデザインを生み出す材料を使って、ユーザーの好みにより良く対応することができます。 

さらに、以下を決定する際は、さまざまな下着のスタイルや生地の種類も考慮に入れる必要があ

  • 形状 

  • 長さ 

  • 吸収性 

  • 厚み 

  • ウィング(羽) 

  • 接着剤 

これだけ考えるのも大変ですが、再利用可能な月経カップの導入や使い捨て生理用パンティ、あるいは従来型のタンポンでさえも競争相手となります。貴社の生理用ナプキンの利点と品質を明確に伝えることが重要です。フェミケアの消費者は、貴社製品で良い経験をし、貴社の吸収性製品がユーザーのニーズを考慮して設計されていることを理解すると、今後何年も愛用してくれるロイヤルユーザーになるかもしれません。また、自分の娘や孫娘、周囲にいる他の女性に貴社の生理用ナプキンを勧めてくれる可能性もあります。 

自社製品の設計、材料、パフォーマンスを評価する際は、材料メーカーに、その製品に関する情報、洞察、パフォーマンステストの結果を共有するよう求め、貴社のニーズを確実に満たすようにしてください。すべてのBostikの使い捨て衛生用品用接着剤は、一連のテストを実施してパフォーマンスと品質を測定しています。また、当社の接着剤の専門家は、製品監査などの専門サービスを通じて、貴社のようなメーカーに、パフォーマンスを最適化し収益性を向上させるための推奨事項を提供するための特別なトレーニングを受けています。 

フェミケア製品の最適化についてご興味がある場合は、「ナプキンズレ止め用接着剤に求めるもの」をご覧ください。 

忘れてはならない、女性用ナプキンの別のユーザーグループ 

成人の中には、膀胱充満、運動、咳、くしゃみ、または笑いにより軽度の失禁がある人がいます。失禁のニーズに合わせて特別にデザインされた製品を使うことには大きなメリットがありますが、尿漏れを吸収するために女性用の衛生用品を使用することを選択する人もいます。それは、月経周期に使用するパンティライナーやパッドが手元にあること、失禁用品のコストが高すぎること、失禁があまりにも恥ずかしいこと、その他の理由による場合があります。