Bostik Worldwide

Bostik around the world

多くの人にとって、初めて使い捨てオムツを使用するのは、赤ちゃんの誕生の時です。乳児の成長と発育に関するデータによると、オムツを必要とする期間は子供が自分でトイレに行けるようになる2歳頃まであり、それまでの間、両親は大まかな費用を必要経費とします。そしてオムツがはずれるこの上なく喜ばしい日を迎えると、多くの親はおむつを購入することから解放されます。 

しかしながらそれは、自分自身や家族のための成人失禁用衛生用品の購入が必要となる日までとなります。

 

コストの計算は複雑

世界的に、新たな傾向として、衛生材用品市場における成人失禁用衛生用品は成長部門として示され、特に一部の地域では急速な成長を遂げています。この成長には各種費用が伴い。そのうちのいくつかは下記のようなコストにより、予算の計上が複雑になる可能性があります

  • 直接コスト: 失禁の診断、治療(外科的治療、処方箋など)にかかる医療費、症状の管理と成人失禁用衛生用品の継続的な購入費用。
  • 間接コスト: 患者および患者の看病のため介護者の欠勤による収入の逸失、症状管理(汚れた着用製品の交換など)のため勤務時間内での生産性の損失、汚れた衣服やベッドリネンの追加洗濯費用、および失禁が原因で起こる健康問題(皮膚炎など)の治療費。

これらの費用は、年金などの一定の収入で生活する高齢者にとって大きな懸念となります。公的なサポートもしくは補助金がわずかであるか、または全く受け取っていない高齢者の多くは限られた予算内で生活をやりくりしているにも関わらず、さらに成人失禁用衛生用品を購入しなくてはならないという課題に直面します。 

また、下記の様な方々の可処分所得にも関連するため、値段が手頃で高品質な成人失禁用衛生用品を見つけることも重要となります。

ボスティックは、失禁に伴う感情的および経済的ストレスを理解しています。各製造会社と共に、新たなデザインとアプリケーションを継続的に紹介し、失禁に悩む成人の方々がそれぞれのニーズに合った製品を選び、同時にその費用の一部が軽減されるよう支援していきます。

 

所得が製品購入に与える影響

各国のコンサルタントが行った調査によると、成人失禁用衛生用品の購入の開始時の所得は、赤ちゃんのおむつの購入時に比べると3倍も高くなっていることが示されています。

現在、多くの新興国の人々の可処分所得は、これらの水準を下回っており、その所得は時間の経過とともに増加する可能性がありますが、近い将来で見ると、その増加は非常に限定的になることが考えられます。さらに、成人失禁用衛生用品を必要とする先進国の一部の人々も、おそらくその水準を下回ると考えられます。

また、可処分所得に制限がある人々にとっての懸念もあります。製品の購入費用を抑えるために、推奨された頻度で汚れた製品を交換しないことを選択してしまう可能性があります。このような使用方法は、失禁症状を持つ患者に皮膚炎などのさらに費用を要する健康問題を引き起こすリスクがあるため、憂慮すべき問題です。

ボスティックのチームは、失禁を抱える人々の身体的、感情的、および経済的な健全性についてより深く配慮しており、顧客である製造会社の皆さまに向け、ユーザーが購入しやすい手頃な価格帯製品を提供できるよう優れた接着剤の提案を致します。例えば、高性能の接着剤に切り替えることにより、コストを抑えた基材を使用可能にし、一部の基材を削除することが可能となります。これらは、全体的な生産コストに寄与しており、無駄を削減し、生産ラインのスピードを加速し、最終的には成人失禁用衛生用品のユーザーの費用を削減することを可能にします。

詳細情報

使い捨て衛生用品における関心の高い物質を理解する

もっと詳しく知る
SOI_Understanding-What-They-Are-and-Their-Impact-on-Disposable-Hygiene.png
SOI_Understanding-What-They-Are-and-Their-Impact-on-Disposable-Hygiene.png

スマート接着剤ソリューションで柔らかさを実現

もっと詳しく知る
SOFTNESS_Achieving-Softness-With-Smart-Adhesive-Solutions.png
SOFTNESS_Achieving-Softness-With-Smart-Adhesive-Solutions.png