Our main brands

ボスティックの世界

Bostik around the world

top

分析手法: 分析技術は揮発性化合物を分離し、特定するために使用される科学手法で、それぞれの揮発性物質と使い捨て衛生用品の臭いの元を直接結びつけます。しかし、すべての揮発性物質に臭いがあるわけではなく、また、分析技術で臭いを発生する化合物のすべてを検出できるわけでもありません。その結果として、臭いの試験に、分析技術と感覚評価パネルを組み合わせることもあります。

製品の製造: 使い捨て衛生用品の生産ライン速度、製造工程、圧縮包装によって、臭いの分子が取り込まれて、製品の臭いの原因となることがあります。

ベースライン製品の臭い: 製品に伴う最低限の臭いや容認可能な臭いの範囲は、通常、使い捨て衛生用品の処理の複雑性を考慮した複数のデータポイントを評価した後に定められます。ベースラインの確立は、品質管理や、問題が生じた場合の迅速な臭いの軽減に役立ちます。

ボスティック臭気3次元マップ: ボスティックが作成したこの立体図は、使い捨て衛生用品業界で特定された、繰返し発生する頻度が高い45種類の臭いをまとめたもので、9つの主なグループに分類されています。臭いの専門家は、揮発性物質と臭い分子の間の空間とそれらがどのように相互作用するかを視覚化することが できます。ボスティック臭気3次元マップはまた、専門家が製品資材で検出された揮発性物質を言及、または分類する場合の共通言語を提供し、分析技術や感覚評価パネルとともに使用できる有用なリソースとなります。

ケミカルフットプリント: 使い捨て衛生用品の製造時に用いられる原材料など、特定資材の化学成分。

濃縮された臭い: 新しい使い捨て衛生用品のパッケージを開封したときによく感じられる臭いや、戸棚などの狭い空間に複数の品物が保管されていたときに起こる臭いなど、閉め切られた環境で強まった臭いです。

消費者トレンド: これは、現時点で消費者間に広まっている習慣や行動です。たとえば、消費者の購入する使い捨て衛生用品の種類、消費量や使用方法、消費者が、製品や特定のブランドなどについて他の人にどのように伝えるかという情報とともに追跡されます。メーカーは、こうした顧客のフィードバックに基づいて、自社の使い捨て衛生用品の臭いの容認性を調整することができます。

流通チャネル: 商品がエンドユーザーに届くまでに通過する、卸売り業者、販売代理店、小売業者など、様々な業者または仲介業者のつながり。商品が製造元から消費者の手に渡るまでに要する時間は使い捨て衛生用品の臭いに影響し、消費者の認識を左右することがあります。

記憶やイメージを喚起する: 使用前または使用中の使い捨て衛生用品に生じる特定の臭いは、人がその臭いを感知したときに、強い記憶や感覚を呼び覚ますきっかけとなります。

ガスクロマトグラフィー: この気体の分析技法は、使い捨て衛生用品にある臭いの元を検出できるように、揮発性物質と準揮発性物質を分離、特定、数量化するために使用されます。

快適性/反応: 快適性は、臭いと結びついた快適さ、または不快さの度合いを表します。臭いの感じ方と臭いに対する人の快適反応は、臭いの強度によって、快から不快へ転じることも、その逆もあります。

臭いの分類: ある臭いが属するグループの決定。ボスティック臭気3次元マップは、使い捨て衛生用品の臭いの分類に役に立つツールです。

臭いのコントロール: 使い捨て衛生用品が使用される前および使用中の製品の臭いの強度と特徴を適切に制御すること。

臭いの軽減: 使い捨て衛生用品の臭いを軽減するために、メーカーが実施する手順。

臭いの感じ方: 人がどのように臭いを認識し特定するかは、特に使い捨て衛生用品の臭いの容認性の決定において、カギとなります。人間には、嗅覚に特化した遺伝子が300以上あります。そのため、2人の人が臭いを同じように感じることはほとんどありません。

臭いの特徴: 使い捨て衛生用品の臭い全般の一因となる特定の臭い分子(およびそのグループ)。

臭い信号: 臭い分子は鼻の粘膜を通して伝わり、臭神経に情報を伝達します。十分な量の揮発性物質/臭い分子を受け取ると、臭い信号が脳に送られます。

臭いの元: 特定の臭いの原因。分析技術と感覚評価パネルを使用して、メーカーは使い捨て衛生用品の臭いの原因を特定するための研究を行います。

臭いの元: 特定の臭いの原因。分析技術と感覚評価パネルを使用して、メーカーは使い捨て衛生用品の臭いの原因を特定するための研究を行います。

臭覚刺激: 臭覚システムの反応を促進する臭い分子の強度と特徴。

臭い分子: 一般的に蒸気または気体の状態で存在する小分子で、嗅覚システムの嗅覚受容体と結び付き、反応を促進します。

嗅覚システム: 臭いを感じるために使用される人の感覚器の1つ。臭いを嗅ぐ能力は、鼻の内部にある嗅覚の感覚ニューロン(神経細胞)によるもので、脳に直接つながっています。各ニューロンには臭いの受容体が1つあります。臭い分子が使い捨て衛生用品から放たれると、受容体が刺激され、脳に臭いを特定するよう命令が送られます。

原材料: これらは、使い捨て衛生用品の製造における個々の構成部材が作られる基本材料です。製品を構成する全ての原材料の相殺や結合は、全体的な臭いの特性に影響を及ぼします。全ての原材料が組み合わされるため、製品の臭いの元となる資材を厳密に特定することが難しくなります。

感覚評価パネル: 標準化された方法で臭いを評価する熟練者のグループで、強度、種類、快適性/快適反応についての情報を提供します。調整要素としてコントロールが必要です。感覚評価パネルは、臭いの試験の際、分析技術と組み合わせることができます。また、ボスティック臭気3次元マップも、パネルが共通言語を使って、使い捨て衛生用品で検出された臭い分子に言及したり、分類したりするうえで役立ちます。

揮発性物質: 刺激物として働き、鼻、目、のどの不快感といった、望ましくない反応を引き起こす臭い化合物。すべての臭い化合物は、揮発性もしくは準揮発性の特性を持ちますが、揮発性物質のすべてに臭いが伴うわけではないことを認識することが重要です。

 

臭いに関する詳細情報をご希望ですか?

詳細情報をリクエストする

詳細情報

使い捨て衛生用品における関心の高い物質を理解する

もっと詳しく知る
SOI_Understanding-What-They-Are-and-Their-Impact-on-Disposable-Hygiene.png
SOI_Understanding-What-They-Are-and-Their-Impact-on-Disposable-Hygiene.png

スマート接着剤ソリューションで柔らかさを実現

もっと詳しく知る
SOFTNESS_Achieving-Softness-With-Smart-Adhesive-Solutions.png
SOFTNESS_Achieving-Softness-With-Smart-Adhesive-Solutions.png