ボスティックの世界

Bostik around the world

使い捨て衛生用品の臭いは、消費者の満足度に非常に大きな影響を与えます。人間がどのように臭いを感知するかを知ることはメーカーがこの問題を対処するための第一歩となります。しかしながら臭いのテストに関しては、業界で広く認められた標準化された試験方法は確立されていません。Bostikの臭いの専門家は、製品臭を識別して除去する最良のアプローチは、以下の2つの手法を併用することだと考えています。

 

1. 分析手法

臭いの化学的形跡は通常、レセプターまたは検出器に接続したガスクロマトグラフィーなどの分析手法によって決定されます。これらの手法では、分子の分離や識別が可能で、臭覚パネルと組み合わせることで分子と臭いを直接関連付けることもできます。分析手法にはある程度の限度があります。全ての分子が臭いを持つとは限りません。同様に、全ての臭いの発生源となる化合物を分析手法で検出できるとは限りません。

 

2. 臭覚パネル

臭気専門家は、臭覚パネルを利用して製品臭を測定することができます。臭覚パネルは、訓練を受けた個人のグループで構成されています。臭気パネルは標準化された方法で臭いを評価し、臭気の強さ、種類、好きか嫌いかについての情報を提供します。較正要素として、基準値が必要になります。

臭覚パネルを通して臭いを測定する場合、臭気専門家は通常次の3つの軸に沿って臭いを分析します。

     1. 客観的要素。臭いの性質または特徴

     2. 主観的測定。快さの度合い、臭気の好ましさや不快感

     3. 認知された臭気の強さ

臭覚パネルに関連する課題は以下のとおりです:

これらの挑戦を克服するため、臭覚パネルは、広範にわたる訓練を受け、個人の好みで測定を行わないようにする必要があります。

 

組み合わせの手法

臭いを削減もしくは除去するには、製品臭の発生箇所と要因を正確に把握する必要があります。臭覚パネルと分析手法の組み合わせにより、研究者たちはどの分子(または分子の組み合わせ)が製品臭の元になっているかを正確に突き止める絶好の機会を手に入れることができます。

 

臭いを特徴付ける

Bostikは、独自の臭気3次元マップを開発しました。それは、使い捨て衛生用品業界で最も一般的に認知されている45の分子を9つの主要分類にグループ化した化された試験方法「臭気のマップ」として知られています。

遺伝、個人的好み、地域的または文化的な影響に基づいて、人は臭いを感知するため、Bostikの臭気3次元マップ は、特別に訓練された専門家が原料や製品から検出された分子について言及する際、共通の言語を効果的に提供します。また、Bostik臭気3次元マップにより 、分子間の空間、およびそれらの相互作用を視覚化することもできます。加えて、臭いを検出および発生元の特定することにより、臭気に関する問題を顧客と共に改善するための役に立つツールです。

 

製品臭のテストは複雑であるため、Bostikの専門家など臭気専門家の知識や技術を活用して発生源を正確に特定し、実現可能な解決策を探るのが最善です。

 

詳細情報

使い捨て衛生用品における関心の高い物質を理解する

もっと詳しく知る
SOI_Understanding-What-They-Are-and-Their-Impact-on-Disposable-Hygiene.png
SOI_Understanding-What-They-Are-and-Their-Impact-on-Disposable-Hygiene.png

スマート接着剤ソリューションで柔らかさを実現

もっと詳しく知る
SOFTNESS_Achieving-Softness-With-Smart-Adhesive-Solutions.png
SOFTNESS_Achieving-Softness-With-Smart-Adhesive-Solutions.png